清純派な美人女優風の女性と、仙台でセックスした話

お金がかかる女と付き合い金欠なのでランクが高い女性が集まる、仙台で有名なセフレ掲示板を使ってみることに

仙台のセフレ掲示板

会うとがっかりするオバサンばかりだったがやっと当たりを引いた

アケミさんは31歳、清純派な美人女優風の女性で離婚して1年もたたない
綺麗な奥さんがいるのにダンナが浮気、邸宅をくれてやってオサラバしやがった

 

可愛い、美しい女ほどすぐに手がつくものだが透き通るような美女に息をのむ
「はじめましてー」「どっどうも」自宅の前にセフレとして立ってることも信じられない

ホントにやれるのかっ!

仙台から少し離れた住宅街

アケミの家の近くにあるカフェへ入った、僕には縁のない上品な店だ
お茶を飲んだが味がわからなかった

 

最近の女性関係を聞かれる、女に不誠実だと嫌われるなと思った
「あー・・・フラれちゃって」彼女は同情したのか悲しそうな顔をして「・・そう」

「元気をだしてね」と慰められたがここはバーッとカラオケボックスへ誘うことにする
結婚する前に友人と入ったことがあるそうなのでOKしてくれた

照れながら歌うアケミさんが可愛い、僕も精いっぱい盛り上げた
喉が渇いたというのでちょっとアルコールが入ったやつをすすめる
一息ついて少したつと酔ってきたのか彼女の機嫌がよくなってきた
「うふふふふっ」身体をよせて僕の肩や腕、手に何度も触れてくる

 

 

おもいきって僕もアケミさんの手に触れた、やわらかいっ
顔を見るとウンとうなずくので握ると握り返される
タイミングをみて彼女にキス「んっんんっ」あっちから吸いついてきた

軽く抱きしめ何度も唇をかさね服の上から胸を触った「あっ」でも逃げない
「やせたから小さくなっちゃたの」と悲しそう
「十分ですアケミさんホント綺麗な人ですから」と持ち上げてみる
彼女はもっと触ってと胸を突き出してくれた

 

 

力を入れてムギュッ「あはぁっあっあっあぁ」なんだか嬉しそう
しつこく撫でまわし乳首も責めた「あっあっいいっいいーっ」
お尻を撫でてからスカートの中へ手をいれアソコへタッチ「うぅんっ」
濡らしすぎるのもよくないのかな
「この後は」と聞くと「戻りましょ」続きは邸宅の中ということでタクシーを呼んだ

 

おー広い、でも一人だと寂しいのかな
「お風呂どうする?」と聞かれたので「一緒に・・」彼女は笑ってOKしてくれた
うわっ浴槽がデカいっ「さっ入りましょっ」アケミさんタオルで隠してるけど色っぽい
僕が大きくなったのを隠すのに困ってると「うふふふっいいわよぉ」

モロだしで入ると「あらぁ・・・」なんかジッと見つめられちゃった

軽く泳いだりして笑わせてから彼女を抱きしめる「あっはぁっ」
タオルをとって胸をベロベロ「あっあぁぁっ」乳首をチュー「んんーーーっ」

のぼせそうなのであがってアケミさんと洗いっこした
身体をくすぐってきゃぁきゃぁ言わせてから乳首をゴシゴシッ「あーんっあぁーんっ」

「ここも洗っていいですか?」「いいわよ、なんでもして・・」
立たせたままアソコを洗うと「あはぁっ」すぐにしゃがみこんでしまった

 

「私も洗いたい」と言うので洗わせてあげることに
美人が全身をゴシゴシしてる、かなり幸せな気分
「ここも?」元気になったアレを見てるので「アケミさんお願いしますっ」
「はぁい、うふふふっ」洗われてるっ、うっ玉までっ
お湯で流しても彼女はそそり立ったものを見つめてた

 

先っちょで唇をチョンチョン、わっ汁がついちゃったかな
「いい?」と上目遣いに聞かれたので「はっはい」

「素敵ねぇ」と言ってからゆっくりとアケミさんの口の中へ、うっここは我慢だっ
舌で形を確かめてるみたい、「どうですか?」と聞くと「ウン」とニッコリ

 

新品のバスローブを出してもらい夫婦の寝室へ
「しばらく使ってなかったの」派手な装飾にどデカいベットがあった

思わず「ここで旦那さんと・・」と口走ってしまうと「うん・・たくさんした・・」

 

 

暗くなってきたので「アケミさんが元気になる濃いのをいっぱいしたい」と彼女を抱きしめる
「んふふふっありがと」キスしてくれた

ベットの上でアケミさんのアソコを直にじっくりと責める

「やぁっんんっ」ひろげてみると使い込まれたいやらしい黒ピンク色

「凄くソソります、たまらない」と荒くなった息をかけまくった

「やぁんっ、やっぱり会ったばかりだからはずかしいっ」彼女は手で顔を隠す
もっともっとと股をひらかせアソコにブチューした「やぁっあぁーーーっ」

 

ヂュルルルッヂュルルルルルッ「あぁっあぁっいいっいいーっいいーーっ」

腰が跳ねアソコがやたらと上下する、押さえつけてクリちゃんをつまむ「ひぅっやぁーんっ」
舌と指でアソコの中をかき回すと「あーっあーっあーっあーーーっ」大きな声で喘いだ

 

そろそろかなとアレの準備してると「あんっコンドームいい、大丈夫だから」
唐突に中出しOKが出てテンション上がりまくりだ

 

生の勃起したアレを見せつけ「アケミさんの中に入れたいよ」と振ってみせると
足が開いたままで「ちょうだいっあなたのオチンチンがほしいのっ」と美人がおねだり

彼女に覆いかぶさりアレをねじこんだ「んぅっはあぁぁーーーーーーーーーーっ」
一気に根元まで突っ込むと何度も弓なりになった

 

軽くいったアケミさんのアソコをすぐにアレでえぐり回す「やーっやーっやーっやだやだっ」
「中すごく気持ちいい」と言ってあげるとウンッウンッと嫌がらなくなった

 

ズボッズボッ「んぁーーっいいっいいぃーーっ」美人がベットをつかんでよがってる

 

出そうになった、グチャグチャと乱暴に出し入れした「中に出しますっ」

「あーっあーっすごいぃっあぁーーっあぁーーっいいっきてっきてぇーーーっ」
彼女のいくタイミングで出した、ドクドクドクッ「うっぐっでてるっんんーーーーっ」

 

ギューッと抱きつかれたのでしばらくそのまま「はっはぁぁよかったっ」
セフレとして続けられるかな
アケミさんは「私なんかでいい?」と聞くので「当然っ」と答えると「よかった」とほほえんだ

 

その後、中出ししたアソコの中を指で撫でまわしていると元気回復
待ちきれなかった彼女が僕の上にまたがった、ブヂュッと変な音をさせて突き刺さる

 

「んふぅっんふぅぅっうんっうんっうんっうんっ」美人がドスドス上下した
すぐに倒れこんで抱きしめられながら尻を上下「うーんっうーんっうんっうんっうんっうんっ」

僕は尻をつかんで腰を突き上げた「あーっあーっあーっあーっ」
「出すよ出すよっ」「うんっうんっいっぱい出してぇっ」ぐっ

中出しすると顔をクシャクシャにして痙攣するアケミさん

 

今日はここまで、しっかり溜めてまたこのベットで思い切り犯してやろうと思った僕でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です