めっちゃ可愛い黒ギャルが突如嬢王様に豹変!

私の年齢は27歳です。2年前の話で私が25の時の話です。当時私は性欲が高すぎるお猿さんのような男で、頭の中はセフレできねーかなーと言う事しか考えておらずセフレ掲示板ばかり見ていました。

 

そんな時友達に誘われてタップルと言う出会い系に登録をしてみました。タップルは有料でえー出会いにお金をかけるのは嫌だなーと思いましたが猿の私は1分考えてすぐに登録しました。笑

 

掲示板を見ると本当に素人かー?さくらじゃないかと思うモデルのような女がざらにいました。すでに私の息子はギンギンでした。笑

 

試しにアポを取って見たところ余裕のさくらでバカな私は騙されるお金を取られてしまいました。

友達に聞いてみた所さくらも多いけど素人もちゃんといるから頑張れよ!とのことでしたのでもう一回チャレンジしてみました。

 

次にアポを取った子は清楚で私は体目的で登録しましたとプロフィールに書いてありましたので、また私の息子はギンギンでした。

一通俺も体目的で登録したんだけど良かったら絡みましょうと送ってみたら、向こうからすぐに変身が来て気が合いますね。ラインしましょうと返ってきました。ぬぉーーーーーー!!きたこれーーーーーー!と私の心の叫びです。

 

もーすぐに会いたい私はすぐ会いたいのですが、都合はどうでしょうか?と送りました!そしたらなんと明日会えますと変身が来ました。

お互い体目的なのでどこのホテルにするかとやりとりをしていて、結果新潟県の見付市のホテルフローレスを選びました。

 

そして当日私は歯磨きを10回くらいしてバッチリきめてのぞみました。そしてホテル前にあるコンビニで待ち合わせをして、いよいよその子が現れました。

 

そこで見たのはめっちゃ可愛い黒ギャルでした。げきミニスカでノースリーブです笑笑もーやばすぎました!

そしてなんといってもおっぱいが大きい大きい推定Gカップはありました。そしてはじめましてと挨拶を交わしてすぐにホテルに入り2時間休憩に入ります。

 

入った部屋はsmの部屋しか空いてなくて向こうに大丈夫?と聞いた所sm好きだか全然おっけいと返事がきました。びっくりです私の心臓が口から出るからい興奮と楽しみで満ち溢れていた事を鮮明に覚えています!

 

そして部屋に入ってしばらくして彼女は豹変しました。
あなたの悪い子なちんちんわたしにみしてごらんなさい?と嬢王様な女に豹変してしまったのです。Mのわたしは大興奮してはい、見せますと素直にみせました笑
ギンギンのわたしのちんちんを握って引っ張ってまず洗うわよって言われて風呂に連行されました。

 

シャワーで全体を洗ってもらってから、ローションを全身にかけられソープ状態になりました。
そしてわたしの足を持ち上げちんぐり返しの体制にさせられアナルを指で一本ズブズブ挿入されました。

 

気持ちいいんでしょ?好きなんでしょ?と言葉責めさせられわたしはなにも答えららなくなってしまいました。
嬢王様は一本じゃたりないわよね?と2本ズブズブと入れられちんちんをしごかれ私はイッテしまいました。

そしたら、お前なんで勝手にイッテんだよと罵声されちんちんは休憩ね、アナルでいかせてあげるわ。と言われてディルドと持ってきて挿入されてしまいました。

 

 

わたしはだんだん黄金がでそうになってきて、さすがに恥ずかしくなってやめてくださいと何度も言っても出してごらん?わたしにお前の黄金みせてみん?と言われて大量にだしてしまいました。

 

それから掃除させられ、ベットに移動されました。仰向けにされ顔面騎乗位で向こうが満足するまで窒息するいきおいでやられました。

すると嬢王様から彼女に電話しろと言われそれは本当に出来ませんと誤ったのですがしなきゃ帰るぞと言われて私は悪いとは余ったのですが自分の性癖には勝てずアナルとちんちんをしごかれながら彼女に電話を掛けたのです、、、プルル、プルル、がちゃ、もしもし?出てしまった私は頭が真っ白にになりました。

 

その時です嬢王様がちんちんとアナルをグリグリグリグリしてきて私はまたいきそうになってしまいました。もー興奮と恥ずかしさで頭が白くなり彼女に今嬢王様にアナルとちんちんしごかれてる。イグゥーイグゥーといっても電話を切ってしまいました。

 

そのあと、嬢王様によしよし、おりこうだねお前はご褒美に私の黄金を食べさせてあげると言われました。私は黄金の経験がないので大興奮でした。はいぜひ下さいといって腕を足で踏まれ足を紐で縛られて首を絞められ嬢王様のアナルから出てくる黄金を今か今かと待っていました。

 

その時で嬢王様のアナルがら凄いオナラがブリっとでてきて凄か臭かったけど、興奮してもっと下さいとおねだりをしました。

 

そしてとうとう嬢王様の黄金が私の口にはいりどんどん、もの凄い量がでてきて私の口に収まらなくなり顔面に盛られました。

それを嬢王様が自分の手で顔面に塗り最後にその手でちんちんをしごかれまたいってしまいました。

 

最高のひとときでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です